本郷新記念札幌彫刻美術館 トップページ >美術館について

■本郷新記念札幌彫刻美術館について

本館外観
本館外観 記念館外観


本郷新記念札幌彫刻美術館は、札幌市中央区宮の森の閑静な住宅街のなかにある小さな美術館です。
戦後日本を代表する札幌生まれの彫刻家・本郷新(1905-1980)の彫刻・絵画など1,800点余りの作品を所蔵しています。

本館(設計:田上義也)では、さまざまな視点から本郷新の芸術を紹介するコレクション展や、彫刻に関する企画展を開催しています。

隣接する記念館(設計:上遠野徹)は、かつて本郷新がアトリエ・ギャラリーとして建てた邸宅です。本郷新の彫刻・絵画作品のほか、全国各地に設置された本郷新の野外彫刻の石膏原型、制作道具や家具類を常設展示しており、かつての邸宅の雰囲気を味わいながら、本郷の彫刻とその制作の息吹にふれることができます。2階の窓からは札幌市街の眺望を楽しむことができます。

本郷は、東京都世田谷区のアトリエを拠点に制作活動を続ける傍ら、小樽市の春香山にもアトリエを構えていましたが、1977(昭和52)年、春香山に代わり生地である札幌市の宮の森に新たにアトリエを建てました。その後まもなく闘病生活を強いられることになり、1980(昭和55)年、肺がんにより74歳で他界します。

本郷の没後、このアトリエと共に400点を超える彫刻作品と700点に及ぶ油彩、デッサン、版画などを遺族から譲り受け、この建物を記念館と位置づけ、隣接地に本館を建設し、札幌彫刻美術館として1981(昭和56)年に開館しました[2007(平成19)年より財団法人札幌市芸術文化財団の運営となり、「本郷新記念札彫刻美術館」と改称]

2016(平成28)年に開館35周年を迎えました。


>>本郷新について
>>ご利用案内、アクセス
>>財団法人札幌市芸術文化財団
>>施設運営協議会の開催状況