English
 

美術館について

本郷新について 

本郷新記念札幌彫刻賞 

教育事業  

年間スケジュール  

ご利用案内、アクセス

お問い合わせ 

リンク 

【最新情報はこちらから】

ツイッター



札幌彫刻美術館日記


「札幌散策」ロゴ

2018.8.21更新


【本館での展覧会】


■市民交流プラザ開館記念連携授業
 オペラの衣裳と舞台美術
 煌く「アイーダ」の世界


ステージ上で堂々たる演技を披露する出演者たち。彼らを舞台の主役とするならば、周りを取り巻く衣裳や舞台美術は、オペラを支える名脇役と言えるでしょう。
古代エジプトを舞台にしたオペラ「アイーダ」といえば、どの歌劇場でも大掛かりな舞台が見どころです。
アイーダやアムネリスのドレス、王の玉座…普段は遠くの客席からしか見ることのできない品々を、細部のこだわりまでじっくりと間近にご覧いただきます。

2018年7月27日(金)−10月25日(木)
開館時間 10時〜17時(最終入館16時30分)
休館日 月曜日(ただし月曜が祝日の場合は翌火曜日休館)
観覧料 一般600(500)円、65歳以上500(400)円、高大生400(300)円、中学生以下無料
※( )内は10名以上の団体料金
主催 本郷新記念札幌彫刻美術館(札幌市芸術文化財団)
後援 北海道、札幌市、札幌市教育委員会
特別協力 新国立劇場 

関連事業
@ ミュージアム・コンサート「華麗なるオペラアリア」
展示室を会場に、「アイーダ」をはじめとしたオペラの名曲をお楽しみください。
日時:8月11日(土祝)14:00〜14:40
出演:川島沙耶(ソプラノ)、前田朋子(ピアノ)
会場:本郷新記念札幌彫刻美術館 本館

A 講演会「新国立劇場 オペラの舞台裏」
華麗さを誇る新国立劇場の「アイーダ」。その世界が舞台上に生み出されるまでの道のりを、技術監督の目から語ります。
日時:9月8日(土)11:00〜12:30
講師:小西弘人(新国立劇場 技術部技術総括室長、テクニカルディレクター)
会場:本郷新記念札幌彫刻美術館 本館・研修室

B 講演会「華麗なる衣裳、光の不思議な力〜巨匠マリアノ・フォルチュニィと舞台芸術〜」
絵画・写真・テキスタイル・服飾デザインの分野で革新的な才能を発揮したマリアノ・フォルチュニィ。その多彩な想像力が、リヒャルト・ワーグナーの提唱する総合芸術としての舞台づくりに結集した!
日時:10月6日(土)14:00〜15:30
講師:ブルース・ダーリング(美術史家)
会場:本郷新記念札幌彫刻美術館 本館・研修室

C ギャラリー・トーク
展覧会担当職員が、展示室をめぐりながら見どころを解説します。
日時:9月23日(日祝)、10月14日(日)11:00〜11:30
会場:本郷新記念札幌彫刻美術館 本館






<チラシを拡大する>



【イベントのお知らせ】new

聞いてみると、オペラがもっと楽しくなる!講演会

1.新国立劇場 オペラの舞台裏
華麗さを誇る新国立劇場の「アイーダ」。その世界が舞台上に生み出されるまでの道のりを、技術監督の目から語ります。オペラが初めての方も、舞台づくりに携わる方も。
日時:9月8日(土)11:00-12:30
講師:小西弘人(新国立劇場 技術部技術総括室長、テクニカルディレクター)

1980年桐朋学園短期大学芸術学科演劇専攻卒。以降、フリーのスタッフとして、劇団俳優座演出部を皮切りに、メトロポリタン・オペラなど海外歌劇場の日本公演や、無名塾、文化座など劇団の公演にも携わる。1997年の新国立劇場開場より、同劇場の技術部舞台課に所属。2007年よりテクニカルディレクター、現在は技術監督も務める。

2.華麗なる衣裳、光の不思議な力〜巨匠マリアノ・フォルチュニィと舞台芸術〜
絵画・写真・テキスタイル・服飾デザインの分野で革新的な才能を発揮したマリアノ・フォルチュニィ。その多彩な創造力が、リヒャルト・ワーグナーの提唱する総合芸術としての舞台づくりに結集した!
日時:10月6日(土)14:00-15:30
講師:ブルース・ダーリング(美術史家)

早稲田大学大学院文学研究科修士課程(日本美術史専攻)修了、ミシガン大学大学院博士課程(東洋美術史専攻)修了。タフツ大学助教授、ハーバード大学日本学研究所研究員、九州保健福祉大学教授を歴任。主な著書:『図説 ウィリアムモリス』(河出書房新社)、“癒しの建築の可能性”
現在の研究分野:マリアノ・フォルチュニィ,福祉・医療における芸術の役割


※1、2いずれも予約不要
参加費:無料(ただし、当日有効の観覧券が必要)
会場:本郷新記念札幌彫刻美術館 本館研修室


>>過去の展覧会はこちら
>>過去のイベントはこちら


<チラシを拡大する>


【連続講座】 受講お申込受付中です new

■連続講座2018 第2回より
  講演会
  銅像時代−明治150年の光と影


明治の日本に突如出現し、瞬く間に全国に広がった「銅像」。英雄偉人の像たちがその後にたどった数奇な運命を、『美術という見世物』や『股間若衆-男の裸は芸術か』などの著書で知られる講師が語ります。
日時:9月16日(日) 10:30〜12:00
会場:札幌市資料館 研修室(札幌市中央区大通西13丁目)
講師:木下直之氏(東京大学大学院教授、静岡県立美術館館長)
1954年浜松生まれ。19世紀の日本美術に主軸を置きつつ、従来の美術史では語られることのなかった記念碑や銅像、祭礼や開帳など、美術に隣接するものに焦点をあてた著書を多数発表。2015年、紫綬褒章を受章。
人気番組「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系列北海道テレビ)では『股間若衆-男の裸は芸術か』をベースに全国の男性裸体彫刻にみられる表現の不思議について解説。

定員:60名(先着順)
受講料:1,200円
*オペラの衣裳と舞台美術-煌く「アイーダ」の世界展を会期中いつでも観覧できるパスポート付き。


<チラシを拡大する>


■彫美 連続講座2018
 彫刻探訪のススメ〜150年物語

 彫刻の見かた・楽しみ方を学び、芸術鑑賞の幅を広げる講座です。
 
今年は明治改元から150年。西洋美術が本格的に紹介されて以来、造形芸術は大きな変貌を遂げてきました。
 素材や技法、テーマや表現内容、都市空間や産業との関係など、歴史を辿りつつ彫刻芸術のありようを探ります。


展覧会パスポート付き
 受講生は彫刻美術館の展覧会をいつでも鑑賞することができます。
会場:札幌市資料館 研修室
    
札幌市中央区大通西13丁目
    
(札幌市営地下鉄東西線「西11丁目駅」1番出口より西へ徒歩5分)
・受講料:3,500円(4展覧会のパスポート付)
 ※4回全て受講できない場合はご相談ください。
・定員:60名(先着順)

*主催:本郷新記念札幌彫刻美術館(札幌市芸術文化財団)
*道民カレッジ連携講座(1回1単位、全4単位)

---------------------------------------------------
◎第1回 象・型・形−造形に探る凸オスと凹メス
 日時:6月3日(日) 10:30〜12:00
 講師:寺嶋弘道(本郷新記念札幌彫刻美術館館長)

 
*パスポートで鑑賞できる展覧会:第2回本郷新記念札幌彫刻賞受賞記念 加藤宏子展

◎第2回 銅像時代-明治150年の光と影
 日時:9月16日(日) 10:30〜12:00
 講師:木下直之氏(東京大学大学院教授、静岡県立美術館館長)

 
*パスポートで鑑賞できる展覧会:オペラの衣裳と舞台美術:煌く「アイーダ」の世界展
◎第3回 素材との出会い−彫刻制作40年
 日時:11月18日(日) 10:30〜12:00
 講師:松隈康夫氏(彫刻家、札幌大谷大学教授)

 
*パスポートで鑑賞できる展覧会:本田明二展 ひとノミひとノミ、私は木を削る
◎第4回 人と馬の彫刻-広場とアトリエの物語
 日時:2019年2月17日(日) 10:30〜12:00
 講師:山田のぞみ(本郷新記念札幌彫刻美術館学芸員)

 *パスポートで鑑賞できる展覧会:コレクション展「本郷新の見た『異国』」



<チラシを拡大する>



【加藤宏子展 展覧会図録販売のお知らせ】 
 当展覧会図録を本館受付にて販売しております。
 1部1,000円(税込)。
 数量限定での販売ですので、どうぞお早目にお求めくださいませ。

>>過去の展覧会はこちら
>>過去のイベントはこちら




【記念館について】

記念館は本郷新が生前にアトリエとして建てた邸宅です。本郷の代表作のほか、本郷が手がけた日本各地の野外彫刻の石膏原型、制作道具、日用品、家具などを展示しています。
※観覧料は本館の観覧料に含まれます。

◆図書・情報コーナー
2階の一角に本郷新や彫刻に関する図書を自由に閲覧できるコーナーを設けています。本郷新の作品とともに、かつて本人が使用していたテーブルや椅子を配し、ゆっくりとお過ごしいただけます。
※4〜11月の毎週水曜日、12〜3月の毎週土曜日は公開する図書の数を増やします。


記念館外観


■ コレクション展
  本郷新、その生涯と作品

会 期:2018年4月28日(土)〜2019年3月31日(日) 
開館時間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)
観覧料:本館展覧会の観覧料で記念館もご覧いただけます。

※記念館のみ観覧する際は、一般200(150)円、65歳以上150(120)円、高大生100(50)円、中学生以下無料
※( )内は10名以上の団体料金
※障がい者手帳のご掲示により、ご本人と付添の方1名まで無料でご覧いただけます。
※札幌芸術の森美術館、札幌宮の森美術館の観覧券半券をお持ちの方は( )内の料金でご覧いただけます。

彫刻家・本郷新の人となりや制作姿勢、本郷が夢を託した札幌彫刻美術館の歩みを作品や資料をとおしてご紹介します。




★美術館周辺の観光スポット


円山公園
http://www.welcome.city.sapporo.jp/find/nature-and-parks/maruyama_park/
春にはお花見が楽しめる憩いの公園です。当館から徒歩約20分。

札幌市円山動物園
http://www.city.sapporo.jp/zoo/
ホッキョクグマから爬虫類までさまざまな動物に出あえる人気の動物園。
当館から徒歩約20分。

大倉山展望台
http://okura.sapporo-dc.co.jp/
大倉山ジャンプ競技場からの展望を楽しめます。札幌ウィンタースポーツミュージアムも併設。
当館から徒歩約15分。

札幌宮の森美術館
http://www.miyanomori-art.jp/
宮の森ミュージアムガーデン内の美術館。おもに現代美術の展覧会を開催しています。
当館から徒歩約8分。

  >> 当館周辺の散策には「円山・宮の森散策マップ」をぜひご利用ください。
 本郷新記念札幌彫刻美術館(公益財団法人札幌市芸術文化財団)  〒064-0954 札幌市中央区宮の森4条12丁目  電話 011-642-5709  >> サイトポリシー