English
 

美術館について

本郷新について 

本郷新記念札幌彫刻賞 

教育事業  

年間スケジュール  

ご利用案内、アクセス

お問い合わせ 

リンク 

【最新情報はこちらから】

ツイッター



札幌彫刻美術館日記


「札幌散策」ロゴ

2017.12.16
更新

【年末年始/休館のお知らせ】
年末年始は2017年12月29日(金)から2018年1月3日(水)まで、本館・記念館ともに休館いたします。



【本館での展覧会】new
■コレクション展 ふれる彫刻 手でみるアート
 さわって、わかること


会 期:2017年12月16日(土)〜2018年4月15日(日)
開館時間: 10:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日: 月曜日

観覧料: 一般 300(250)円、65歳以上 250(200)円、高大生 200(100)円、中学生以下無料
※( )内は10名以上の団体料金
※障がい者手帳のご掲示により、ご本人と付添の方1名まで無料でご覧いただけます。
※札幌芸術の森美術館、札幌宮の森美術館の観覧券半券をお持ちの方は( )内の料金でご覧いただけます。


美術館でよく目にする「お手を触れないでください」のサイン。この展覧会は、札幌生まれの彫刻家・本郷新の作品で構成し、ふれることで初めてわかる彫刻の魅力をご紹介します。


【関連事業】

●ちびっこ美術館探偵団!さわって見つけるお気に入り
 日時:1月27日(土) 14:00〜
 場所:本館展示室
 参加費:中学生以下無料。大人は要当日観覧券。

 
まずは見て、さわり心地を想像。さあ、実際にさわってみると…?
 つるつる、ざらざら、ひんやり、意外と温かい―お気に入りの1点をみんなで見つけよう!大人も子どもも楽しめる鑑賞ツアーです。
 ※当日受付(本館ロビーへお集まりください)

●つくってみよう!ぷにぷにスクイーズ
 日時:1月13日(土)、3月11日(日) 10:00〜
 場所:本館研修室
 参加費:300円
 不思議な感触が大人気のスクイーズ。身近な材料で、さわって楽しい小物をつくります。
 ※当日受付 各回20名(先着順・予約不要)
 ※汚れてもよい服装でご参加ください。
 ※展覧会をご覧の際は別途観覧券が必要です。

●ギャラリー・トーク
 彫刻の触覚性と視覚性―見て触れて、彫刻を「味わう」
 日時:2月10日(土) 14:00〜
 場所:本館展示室
 参加費:無料(要当日観覧券)
 
※申込不要(本館ロビーへお集まりください) 

<チラシを拡大する>


>>過去の展覧会はこちら


【展覧会カタログ販売のお知らせ】
現在美術館では、記憶素子展の展覧会カタログを販売しております。
一冊1,300円、3月31日までの販売です。
記憶素子展は、12月10日(日)までです。
展覧会と合わせてどうぞお楽しみください。





【さっぽろ雪像彫刻展2018】new

2018年1月26日(金)、27日(土)、28日(日)
10:00〜17:30

※美術館は入館16:30まで、17:00閉館

制作期間:2018年1月20日(土)〜25日(木) ※22日(月)休館日
場所:本郷新記念札幌彫刻美術館 本館前庭

作家:板本伸雄、熊谷文秀、佐々木仁美、佐藤一明、さとうゆうき、清水宏晃、野村裕之、北海道芸術デザイン専門学校 クラフトデザイン専攻、北海道札幌平岸高等学校 2年生彫刻専攻

チラシを拡大する

■イベントのご案内
【冬休み子ども造形教室】
new
 

くるくるペーパークイリング
-葉っぱのレリーフをつくろう!

2017年1月10日(水) 10:00〜12:30


場所:本郷新記念札幌彫刻美術館 本館研修室
講師:川名 義美 氏(彫刻家)
対象:小学3年生から小学6年生
定員:24名
参加料:800円(材料費込)
申込み:011-642-5709(受付時間9:30〜17:00)
※12月20日(水)9:30より電話受付開始(定員になり次第締め切ります

<チラシを拡大する>

【彫美・連続講座2017】
ぶらり、彫刻散歩の休日

第1回 古きをたずねる
 ミケランジェロ:聖母子を巡る500年

日 時:2017年9月10日(日) 10:30〜12:00

講 師:谷古宇 尚(北海道大学大学院文学研究科 教授)
パスポートで鑑賞できる展覧会:「家族の肖像」展

●第2回 新しい彫刻にであう
 野外彫刻で公園をつくる:造形集団CINQと石山緑地

日 時:2017年11月5日(日) 10:30〜12:00

講 師:神長 敬(KITABA 代表取締役 社長)
パスポートで鑑賞できる展覧会:「記憶素子―丸山隆と教え子たち」展

第3回 異端の彫刻にふれる
 サルバドール・ダリ:触覚への執念

日 時:2017年12月17日(日) 10:30〜12:00

講 師:山田 のぞみ(本郷新札幌彫刻美術館 学芸員)
パスポートで鑑賞できる展覧会:「触れる彫刻・手でみるアート」展

場 所:札幌市教育文化会館 研修室402
定 員:50名(先着順)
受講料:3,000円 ※3回すべて受講できない場合はご相談ください。
申込み:011-642-5709(受付時間9:30〜17:00)
 2017年8月25日(金)より申し込み
受付中


<チラシを拡大する>
>>過去のイベントはこちら


【第2回本郷新記念札幌彫刻賞】

■第2回本郷新記念札幌彫刻賞 最終選考結果 および 一次選考通過作品模型 一般公開について

選考委員6名による最終選考の結果、候補作品7点の中から、 

 加藤 宏子(札幌市在住/48歳)
 《improvisation〜うけとめるかたち》


に決定いたしました。

受賞作品は、大通交流拠点地下広場(市営地下鉄大通駅コンコース)に、
来年2月から3年間展示されます。


また、一次選考を通過した7名の作家の作品模型を、当館にて展示いたします。

 
 期間: 2017年6月13日(火) 〜 7月30日(日)
       10:00 〜 17:00
(入館は16:30まで)
       月曜休館
(7月17日は祝日につき開館)
  場所: 本郷新記念札幌彫刻美術館 本館研修室 入場無料

  一次選考通過作家:
            加藤 宏子(札幌市)   《improvisation〜うけとめるかたち》
            北川 太郎
(姫路市)   《時空ピラミッド》
            国松 希根太
(札幌市)  WHITE MOUNTAIN》
            佐藤 一明
(札幌市)   《灼熱ストーブ「鎮火」》
            田村 純也
(苫小牧市)  《Cisekitay》
            ダム ダン ライ(小樽市) 《はる-張る・墾る・晴る-》
            藤沢 レオ
(苫小牧市)  《Mind of a scene》

  >> 一次選考通過作品模型については、こちらをご覧ください。

  >> 本郷新記念札幌彫刻賞については、こちらをご覧ください。




【記念館について】

記念館は本郷新が生前にアトリエとして建てた邸宅です。本郷の代表作のほか、本郷が手がけた日本各地の野外彫刻の石膏原型、制作道具、日用品、家具などを展示しています。
※観覧料は本館の観覧料に含まれます。


記念館外観


■本郷新記念札幌彫刻美術館開館35周年記念
  本郷新と札幌彫刻美術館

会 期:2016年4月16日(土)〜通年 
開館時間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)
観覧料:本館展覧会の観覧料で記念館もご覧いただけます。

※記念館のみ観覧する際は、一般200(150)円、65歳以上150(120)円、高大生100(50)円、中学生以下無料
※( )内は10名以上の団体料金
※障がい者手帳のご掲示により、ご本人と付添の方1名まで無料でご覧いただけます。
※札幌芸術の森美術館、札幌宮の森美術館の観覧券半券をお持ちの方は( )内の料金でご覧いただけます。

彫刻家・本郷新の人となりや制作姿勢、本郷が夢を託した札幌彫刻美術館の歩みを作品や資料をとおしてご紹介します。




★美術館周辺の観光スポット


円山公園
http://www.welcome.city.sapporo.jp/find/nature-and-parks/maruyama_park/
春にはお花見が楽しめる憩いの公園です。当館から徒歩約20分。

札幌市円山動物園
http://www.city.sapporo.jp/zoo/
ホッキョクグマから爬虫類までさまざまな動物に出あえる人気の動物園。
当館から徒歩約20分。

大倉山展望台
http://okura.sapporo-dc.co.jp/
大倉山ジャンプ競技場からの展望を楽しめます。札幌ウィンタースポーツミュージアムも併設。
当館から徒歩約15分。

札幌宮の森美術館
http://www.miyanomori-art.jp/
宮の森ミュージアムガーデン内の美術館。おもに現代美術の展覧会を開催しています。
当館から徒歩約8分。

  >> 当館周辺の散策には「円山・宮の森散策マップ」をぜひご利用ください。
 本郷新記念札幌彫刻美術館(公益財団法人札幌市芸術文化財団)  〒064-0954 札幌市中央区宮の森4条12丁目  電話 011-642-5709  >> サイトポリシー